テキスト ボックス: 開館日:金・土・日曜日・祝日 午前10時〜午後5時
休館日:月〜木曜日・9月上旬・年末年始

 

top


      テキスト ボックス: 夏の特別展「小泉家に残る戦争」展
2018.8.3(金)〜8.26(日)
この夏も小泉家に残る戦争を物語る資料や館内まるごと使って戦時中のくらしを紹介します。身近な体験を語るトークイベントと、戦時中のパン焼き実験も開催します。(入館料のみでご参加いただけます)
■トーク「その時、小泉家は」8.11(土・祝)/26(日)14:00〜 
■実験「電極式パン焼き器で当時のパンを焼いてみよう!」
8.19(日)11:00〜16:00の間、随時おこないます。
 

 

      テキスト ボックス: 第14回企画展「楽しき哀しき昭和の子ども」展 
2017.9.8(金)〜2019.3.31(日)予定
昭和の子どもの「楽しき」と「哀しき」明暗二つの側面を取り上げます。きょうだいに囲まれ、お八つや紙芝居を楽しみ、縁日の夜店やデパートに心躍らせる一方で、労働、集団疎開、伝染病、貧困による悲惨な事件など過酷な状況下を生きました。戦前を中心にテーマの全体を企画展示室(第1室)に、戦後の子ども世界を「山口さんちの子ども部屋」(第2室)として、山口家という一軒の家の子ども部屋の形で展示しています。

 

 

      テキスト ボックス: 第14回企画展図録「楽しき哀しき昭和の子ども」が完成しました 
企画展の内容を豊富な写真と図版でより詳しく解説した図録です。展示も好評な「山口さんちの子ども部屋」では、姉妹の大切なお人形やおもちゃが収められたドールハウスに見立てた箪笥も、すべての抽斗を写真で紹介しています。漫画家・高野文子さんによる子供部屋の展示プランも掲載。当館ミュージアムショップで販売中です!(定価1,500円税込/98頁オールカラー・A4判)

 

                                                       

      テキスト ボックス: 「小泉知代 ろうけつ染め作品」展 開催中
2018.1.5(金)〜
小泉知代記念室では、小泉家4姉妹の次女「知代ちゃん」のろうけつ染め作品を展示しています。優しくて、おしゃれで、手仕事が上手な彼女がのこした、繊細で情緒あふれるうつくしい作品をぜひご覧ください。


 

 

      テキスト ボックス: ミニギャラリー 「戦前のモダン団扇絵見本帖」展
6.1(金)〜9.30(日)
商店がうちわを注文するときに使われたうちわ絵のデザイン画展です。子供柄・モダンガール・アールデコ調のデザインなど、戦前の憧れのモチーフがたくさん詰まった見本帖。「大勉強」「実質本意」など、広告ならではの売り文句も見どころです。
 

 

      テキスト ボックス: 「盛夏のきもの」
6.30(土)〜7月末
秋の七草(萩や撫子)等季節を先取りした柄に絽や紗の涼やかな生地を用いた、夏場を彩る目にも涼やかな着物が並びました。
 DSC_0595

 

      テキスト ボックス: 2018年度年間スケジュール
2018年度年間スケジュールをアップしました。
今年度も昭和のくらし博物館の活動をお楽しみください。
 

 

       

 

   

 テキスト ボックス: 平成30年4月より登録文化財昭和のくらし博物館は
特定非営利活動法人昭和のくらし博物館(NPО法人)が運営しています
昭和のくらし博物館が開館してから2019年に20周年を迎えるにあたり、小泉和子館長を中心に、当館の趣旨に賛同する方々と共に「特定非営利活動法人昭和のくらし博物館」を設立しました。平成30年4月より、当法人が昭和のくらし博物館の管理・運営を行います。これまでの活動はもとより、「家を残し  くらしを伝え  思想を育てる」というくらしの哲学をより多くの方に伝え、文化財活用の新しい試みの場として次の世代へ引き継ぐべく、魅力ある展示、講座、イベントの企画を行ってまいります。どうぞ皆さまもご一緒にこの博物館を支えて下さい。

最終更新日:2018/07/15